岐阜県高山の北イタリア料理専門のイタリアン

LA FENICEのコンセプト

店主がLA FENICEをオープンするにあたり、まず考えた事は、単に名前だけではなく、本当の意味でのRistorante(リストランテ)にしたい、という事でした。 リストランテについては、後で詳しく書きますが、基本的に『特別な時』に行くところなんですね。ですから料理は、コースまたはそれに準じた形でオーダーされます。 店主が一人でやっている店で、コース料理をきちんと出そうとすると、当然、一組毎の貸切にするしか方法はありません。必然的にLA FENICEは予約制の店になったわけです。 そう決まってしまえば、後は理想を追い求めるだけです。次のような事を考えました。

〇予約の時にお客様の要望を聞き、出来る限りその要望に応える事。  〇料理には一切のアレンジを加えず、イタリアの味をそのまま再現する事。  〇出来る限りイタリア産のオリジナル食材を使い、全ての料理を自分で作る事。  〇出来立ての料理を食べてもらうために、料理に余計な飾り付けはしない事。  〇白い布のナプキンと、布のテーブルクロスを使う事。  〇会話を楽しんでもらうため、余計なBGMは流さない事。  〇ワインを出来るだけリーズナブルな価格で提供する事。

最終的に値段の設定は「店主自信がこの値段で食べられたら嬉しいと思う値段」にする事に決めたわけですが、そういう理由で、店主が総料理長を務めた、赤坂のタベルナ・デル・コッレオーニで1万円だったコースを、半額の5千円で出す事にしました。

店主自身は、これほど良心的な店は他にないだろう、と思ってやっているのですが、
自ら決めた事とは言え、よくこれだけ儲けの出ない事ばかりやっているなと、呆れてます。
 他の店とは違いすぎるそんなやり方を、解りにくいと思われる方や、敷居が高いと言われる方(ウチの入口はバリアフリーなんですけどね 笑)が結構おられるようですね。 でも実際は簡単な事です。初めての予約の時は、お任せ頂ければいいと思います。希望される料理や嫌いなものがある場合は、そう言って頂ければ、そのように合わせます。 料理が気に入って頂ければ、次回の予約の時に、さらに多くの要望、例えば、量をもう少し多めに、とか、もっとアッサリとした料理がいい、とか、言って頂ければいいわけです。こちらとしては、ある程度ハッキリと要望を言って貰える方が、やりやすいですね。 まぁ、そのための予約制貸切ですから、遠慮なさらずにお申し付け下さい。

お客様のために組み立てたメニューに合わせ、食材(特に魚)は、当日の朝に仕入れた物を使います。また、前菜に使う生ハムは、24ヶ月熟成された、プレミアムハムを使い(普通は14~18ヶ月熟成のものが多く使われます)、その他にも、手作りの生パスタや、新鮮な材料から10時間かけて取るブロード(コンソメ)、自家栽培の香辛料、手作りのジェラートやドルチェ等を組み合わせて、そのお客様のためのコース料理を作ります。
 ご希望ならば、おそらく日本ではLA FENICEにしかないパスタをお出しする事もできますが、準備に時間がかかりますので、早めのご予約をお願いします。
 また、イタリア各地の個性的なワインの中から、約40種類のワインを選びました。

魚料理とパン

カウンターは、予約なしでもOKですが、空席状況を電話で確認の上、お出で下さい。
 イタリア人がよくやるように、オリーヴやアンチョビを齧りながら、ワインやビールを飲むというのもいいですし、パスタ(お一人でハーフサイズを2~3種類というのもOK)や魚・肉料理を食べて頂く事もできます。メニューは、店主と相談しながら決めて下さい。
 勿論、単品の料理も、店主自信が「この値段で食べられたら嬉しいと思う値段」ですよ。

『シンプル』である事の意義

店主は、イタリア料理はシンプルな料理だ、と考えています。この場合の『シンプル』の意味は「質素な」とか「簡単な」という意味ではなく、余計なものを削ぎ落として核心だけが残ったもの、という意味での『シンプル』なんです。

イタリアという国では、何事においても、物事を突き詰めていくほど、余計なものを削ぎ落として核心だけが残るようになります。お隣のフランスが、いろんなものを付け足して、
どんどん豪華になっていくのと対照的なのが面白いですね。当然、料理においても、とにかくいろんな材料を加えたソースで味付けし、見た目も豪華に飾りつけるフランス料理に対し、イタリア料理は、最小限の素材の組み合わせで最高の味を引き出す料理であり、見た目も素っ気ないくらい飾り気がないですね。でも、そのシンプルさ故、毎日毎食パスタを食べても飽きないのだと、店主は思うのです。そういう意味では、ずーっと飽きることなくご飯を食べ続けている日本人には、一番理解しやすい事であるはずなんですが、なぜか日本では、余計な材料を加えたり、ヘンに飾り立てたりした「イタリアっぽい料理」あるいは「和風イタリア料理」とでも言うような料理が多く、またそれが流行るのが不思議なんですよね。

もちろん、日本的にアレンジするという、日本人的行為を全て否定するつもりはありません。本家の中国でさえできなかった『インスタントラーメン』という世界的発明が出来たのも、日本人の持つそういう性質があったからだと思うのですが、イタリア料理に関しては、余計な事をせず、その特徴である「シンプルさ」を生かしておいてほしいと心底思います。

余計なものを削ぎ落として核心だけが残った『シンプル』なイタリア料理の中には、イタリア人の持つ『美学』がぎっしりと詰まっているわけで、それ故、厳然とした『ルール』が存在します。また、料理に限った事ではありませんが、シンプルなものをきちんと仕上げる事は、ごまかしがきかないだけに、それだけの技術と手間を必要とするわけです。そういう意味においてもイタリア料理は、すごくストイックな料理だと思うのですが、それだからこそ、店主はイタリア料理に惹かれ、30年以上もイタリア料理だけをやってきたのです。

もちろん、店主がイタリア料理の奥義を全て得とくした、などと言うつもりはありませんが、イタリア料理に対して、敬愛の念を強く抱いている事だけは間違いない。だから、イタリア料理のルールも知らず技術もない人が、見た目だけイタリアっぽい料理を『イタリア料理』と名乗って出している事に対して「なめとんのか」と思う、というのが本音ですね。

まぁ、こんな事を言ったところで、世の中の大部分の人には理解される事はないと思います。この事は、いわゆる「解る人には解る」という類の事だと思うのですが、ウチの料理を食べてもらう事で、解ってくれる人が一人でも増えてくれればいいと思いますね。

LA FENICEとは phoenix(英) 不死鳥

ヴェネツィアの、世界で最も美しいと言われていた歌劇場 Gran teatro la Fenice の名から取りました。劇場は1996年に焼失しましたが、2003年、名前どおり、最新の設備を完備して以前と同様に美しく甦り、2005年の春には日本で引越公演が行われました。

店主がこの仕事を始めた頃には、将来自分の店の名前はLA FENICEにしようと決めていましたが、高校生の時オペラにハマり、イタリア語を齧っているうちに、なぜかイタリア料理の世界に入ってしまった店主にとって、これ程相応しい店名はないと自画自賛しています。

トマトソース

ページの先頭へ戻る

トマトソースマカロニ

LA FENICEのご案内

席は、4人掛けテーブルが4台で16席あり、すべて禁煙席です。カウンター席は5席あり、食前酒や食後酒を楽しんで頂く事や、他にお客さんがみえない場合は喫煙もできます。

また他に予約が入っていない時には、予約なしで食事をして頂く事ができます。

レーザーポインター付きのプロジェクターと120インチのスクリーンが設置してありますので、パーティーや会議などにお使い下さい。

ランチは11:30~14:00(用意した分がなくなり次第終了)日替りパスタ2種
のうち1品またはハーフ&ハーフ・サラダ・デザート2品・エスプレッソ ¥1,080

ランチの予約は不要ですが、ランチコース(¥2,700~)は予約が必要です。
[カウンター席のみの営業
※人数が多い場合はお電話にてご相談下さい]

ディナーは予約制で一組ごとの貸切です。前日までにご予約下さい。

前菜・パスタ2種・魚料理・肉料理・サラダ・デザート3種・エスプレッソ、の基本コースで税込¥5,940~です。(当日の予約が可能な場合もありますので、御相談下さい)

コースの料理一例

¥7,020(税込)のコース

前菜の盛り合わせ(生ハムとメロン、サラミ、コッパ)/ ジャガイモのニョッキ ピエモンテ風バターソース / スパゲッティ トマト入りカルボナーラ / オマール海老と魚介類のワイン蒸し / 仔牛骨付きロースのミラノ風カツレツ / トマトドレッシングのサラダ / パン2種(イタリアから空輸されたパン)/ デザート3種の盛り合わせ(パンナコッタ、ブラッディ・オレンジのジェラート、アーモンドとカラメル入りのジェラート『クロッカンテ』)/ エスプレッソ

大人数の場合は、ビュッフェ形式のパーティーメニューもあります。
定休日は日曜日ですが、営業可能な場合もありますので、御相談下さい。

コースの料理一例

◆ランチ: 11:30~14:30 ¥1,080[カウンター席のみの営業(予約不要)※人数が多い場合はお電話にてご相談下さい]コース¥2,700~(要予約)

◆ディナー:17:00~ 予約制コース料理(一組毎の貸切)基本コース¥5,940~

[カウンター席(予約不要)※お電話にて空席状況をご確認下さい。]